モノゴコログ
ノタリ&ヒナタ
夫婦+居候でブログに挑戦中
モノゴコログでは、家電から時短アイテムまで生活を快適に、そして豊かにしてくれる愛着の湧くモノを一つ一つ丁寧にご紹介します。「読者さんとモノとの新たな出会い」に少しでもお役立ちできれば嬉しいです。

【花粉や梅雨の時期に】アイリスオーヤマ 布団乾燥機 カラリエ 使用レビュー【現行品比較とおすすめも紹介】

当ページのリンクには広告が含まれています。

夏も冬も、人は寝ている時にコップ1杯ほどの汗をかくと言われています。
汗をかいて湿った布団ですが、毎日干したり洗ったりするのは大変ですよね。

しかも花粉や梅雨の時期には外に布団を干せなくて、スッキリしない状態で寝ることも増えると思います。

我が家では、数年前に導入した布団乾燥機がオールシーズン大活躍しています。
布団乾燥機を使うとふかふかで温かい布団で寝ることができて、お風呂の後の温かさを保ったまま眠ることができるので、リラックスして安眠するのに役立っています。
忙しくてお風呂に疲れなかった日も、温かい布団に入れるだけでもだいぶ体がほぐれる気がします。

夏や梅雨の時期に送風仕上げで使える、便利な布団乾燥機を紹介したいと思います。

目次

カラリエのモデル比較

カラリエにはノズルが1本のシングルノズルの製品と、ノズルが2本のツインノズルの製品があります。

シングルノズルの製品の特徴
  • 送風するノズルが1本
  • 準備が簡単で手軽に使える
  • ツインノズルよりも軽量でコンパクト、価格も安価
ツインノズルの製品の特徴
  • 送風するノズルが2本
  • ノズル2本をセッティングするためシングルノズルより手間がかかる
  • 1組の布団に利用するとシングルノズルよりも短時間でより隅々まで温まる
  • 2組の布団を同時に温めることができる

それぞれの製品機能の比較を、シングル・ツインそれぞれ一覧でご紹介します。

シングルノズルの製品比較

スクロールできます

FK-EC1

FK-C4

KFK-104

FK-RC3

KFK-302

FK-H1
電源AC100V 50/60Hz
消費電力690W560W560W600W1035W900W
ホース収納時サイズ160 x 125 x 360mm160 x 140 x 360mm160 x 140 x 390mm160 x 140 x 360mm168 x 160 x 380mm168 x 150 x 380mm
ホースの長さ40cm40cm60cm40cm75cm75cm
重さ約1.8kg約1.9kg約1.9kg約1.8kg約1.9kg約1.8kg
保温なし2時間2時間2時間なし2時間
あたため予約なしなしなしありありあり
ターボモードなしなしなしなしあり
速暖5分
あり
速暖5分
公式サイト参考価格9,990円14,080円15,800円14,080円20,680円19,580円
製品タイプスタンダードハイパワー
特徴・最低限のシンプル機能
・カラリエで一番コンパクト安価な製品
・消費電力がカラリエで一番小さい
・低価格、コンパクト、保温可能でコスパ◎
・FK-C4にアロマセットが付いたもの・衣類乾燥アタッチメント付き
・くすみカラー2色展開
・保温ができる
・最短5分で温め可能
・消費電力が大きい
・最短5分で温め可能
・消費電力が大きい
購入購入購入購入購入購入

価格と機能面を総合的に比較した結果、現行品では FK-C4 がおすすめです。

FK-C4がおすすめの理由
  • 消費電力が低くランニングコスト(電気代)が抑えられる
  • 価格が安価
  • 保温機能がある
  • 軽量でコンパクト

我が家では現在は一つ前の機種のFK-C3を使用していますが、とても使いやすいです。
後継機のFK-C4は、ノズルのサイドにフラップが付いてさらに安定性が増し、あたため予約機能がなくなった代わりに保温機能が追加になっています。
あたため予約は、設定した時間の30分前から温めを開始して設定時間までに布団を温めることができる機能ですが、我が家ではほとんど使っていません。設定して寝るまでに予定より時間が空いてしまっても大丈夫な、保温機能の方が便利と感じ、その点でもFK-C4がおすすめできると思いました。

ツインノズルの製品比較

スクロールできます
FK-W2FK-202FK-RW2KFK-402FK-WH2
電源AC100V 50/60Hz
消費電力760W760W850W1150W1150W
ホース収納時サイズ166 x 196 x 320mm166 x 196 x 320mm166 x 196 x 320mm168 x 215 x 370mm168 x 215 x 370mm
重さ約2.4kg約2.4kg約2.4kg約2.2kg約2.2kg
保温2時間2時間2時間2時間2時間
公式サイト参考価格13,800円17,380円18,480円21,780円19,580円
製品タイプスタンダードハイパワー
特徴・取手が木目調でインテリアに馴染むデザイン
・消費電力が小さくコスパ◎
・KFK-W2のデザイン違い
・アロマケース付き
・アロマケース付き
・くすみカラー2色展開
・速暖3分
・軽量
・消費電力が大きい
・速暖5分
・軽量
・消費電力が大きい
購入購入購入購入購入

価格と機能面を総合的に比較した結果、現行品では FK-W2FK-RW2 の2機種がおすすめです。

FK-W2がおすすめの理由
  • ツインノズルの中では消費電力が低くランニングコスト(電気代)が抑えられる
  • 木目調の取手のデザインが出しっぱなしでもおしゃれ
  • ツインノズルの中では一番安価でコンパクト
FK-RW2がおすすめの理由
  • インテリアに馴染むくすみカラーがおしゃれ
  • 現在はFK-W2よりも安価になっている

価格と機能を総合的に見てFK-W2が良いと思ったのですが、こちらの製品は非常に人気のため欠品のショップが多く、現在在庫があるショップは公式よりも少し価格が高くなっています。
そのため、比較するとアロマケース付きでくすみカラーのFK-RW2の方が安価になっており、どちらもおしゃれなデザインということもあって、2機種をおすすめしました。

カラリエの各機能

我が家で使っているカラリエFK-C3は現行ではなく一つ前の機種ですが、こちらの機種を使ってカラリエの機能をご紹介します。
この章の最後に現行のおすすめ機種も記載しています。

カラリエFK-C3の基本情報

消費電力560W
電源AC100V (50/60Hz共用)
ホースの長さ40㎝
コードの長さ約2.0m
大きさ(ホース折り畳み時)幅16㎝×厚さ14㎝×高さ36㎝
重さ約1.8kg
安全装置温度、サーモ、ヒューズの3つの安全装置
1カ月電気代の目安
(1Kw=31円で計算)
1日1時間の利用で1ヶ月約520円
付属品くつ乾燥アタッチメント

使い方や特徴について、アイリスオーヤマの公式動画が分かりやすく紹介してくれています。

引用元:アイリスプラザ

使用場所にセットしたらメニューボタンで希望の操作を選んでスタートします。

メニューボタンを使った操作方法

4つの自動モード

モード時間機能
60分強い温風で乾燥させ、ふんわり温かく仕上げる
80分温風で布団を乾燥させた後、送風で涼しく仕上げる
あたため20分おやすみ前に短時間で布団を温める
ダニ100分布団のダニ対策

ダニモードのレビューについてはこちらの記事でもご紹介しています。
あわせてぜひ見ていただけたら嬉しいです。

手動モード

温度選択高温(65℃)・低温(50℃)・送風の3段階
時間選択15・30・45・60・75・90・120・180分の8段階

あたため予約

設定した時間の30分前から温めを開始し、設定時間までに布団を温めることができます。
お風呂の前にあたため予約をして温かいまま就寝できたり、帰宅後に就寝時間に合わせて設定しておいたりと、生活に自然に組み込むことができる便利機能です。

靴の乾燥

付属の靴の乾燥用のアタッチメントで、雨に濡れたり洗ったりした際の濡れた靴の乾燥ができます。
アタッチメントは長いので、ショートブーツにも使えます。

収納スペースの乾燥

引用元:アイリスオーヤマ公式

押入れやクローゼットの除湿もできます。
上の写真のようにノズルの口が真下に開くので、立てかけて乾燥することができます。

現在購入できる後継機種 FK-C4

FK-C3は現行の一つ前の機種で、まだ在庫があるショップでは販売していますが、在庫限りで価格も上がっているようです。
モデル比較のシングルノズルの章でもご紹介しましたが、現行の後継機であるFK-C4の方がおすすめです。

FK-C3との違い
  • ノズルヘッドにサイドフラップが付いて安定感がアップ
  • あたため予約機能が無くなり、代わりに保温機能 (2時間) がプラス

後継機種のFK-C4はこちら
※こちらの方が安価で新しいのでおすすめです!

ご参考までに、FK-C3の価格等については以下からご確認いただけます。

(参考) 我が家で使用中の旧機種FK-C3はこちら

カラリエ FK-C3 を使って感じたデメリット

靴の乾燥用のアタッチメントの隙間が狭い

主要な布団乾燥の機能については特に気になった点はなかったですが、靴を乾燥させるためのアタッチメントの左右の間の幅が狭く、あまり厚めの靴は左右同時に乾燥させるのは難しいと思いました。
ムートンブーツを乾燥させようとしましたが、両足には入らなかったので片足ずつ乾かしました。

カラリエ FK-C3 を使って感じたメリット

軽量コンパクトで場所を取らない

幅160×奥行140×高さ360mmのコンパクトサイズで、収納場所を取りません。
その上、1.8kgと軽量です。

我が家ではベッドサイドに置いておいてほぼ毎日使っていますが、小さくて軽いのでセットするのが本当に楽です。

収納場所も取らないので、出しっぱなしが気になる方はクローゼットの片隅などにしまっておくこともできます。

靴乾燥やダニ対策など多機能

布団乾燥だけでも十分な機能ですが、靴を乾燥できたり、ダニ対策ができたり、収納場所の乾燥ができたりと、多機能なところもおすすめです。
こんなにコンパクトで安価なのに、色々な場面で活躍してくれてコスパ最高だと思います。

また、カラリエには布団を2枚一度に乾燥できるツインノズルのタイプもあり、複数の布団を同時にあたためたい方やご家族が多い方にはこちらもおすすめです。

カラリエのツインノズルタイプはこちら

乾燥マットなしの簡単操作で毎日手軽に使える

乾燥マットがなく、布団にホースを伸ばし入れてノズルの口を立てるだけなので、毎日手軽に使えます。

ボタン操作も、自動の場合は4つのメニューから選んでスタートするだけとシンプルでわかりやすいです。

以前はマットがあるタイプの乾燥機を使っていたのですが、布団にマットを広げる手間が面倒で、たまにしか使わなくなっていました。
この手軽さは、毎日の使用が苦にならずに本当に助かっています。

参考

乾燥マットありタイプの布団乾燥機

引用元:三菱電機公式

このように、布団の中に乾燥マットを広げ、その中に温風を送り込んで温めます。
マットの形状に全体が温まるため、より隅々までの乾燥・温め効果が期待できます。

布団のすみずみまでしっかり温まる

購入前は、乾燥マットがないので中心部しか温まらないのではないかと心配していましたが、
我が家はダブルサイズですが、足元や布団の隅までしっかりと温まります。

ノズルの前面と側面の両方から温風が出ていて、広い範囲を効率よく乾燥したり温めたりできるようです。

カラリエの口コミ評判

カラリエ FK-C4、おすすめです

布団乾燥機カラリエを紹介しました。
改めておすすめポイントをまとめました。

軽量コンパクトで布団を隅々まで温めてくれて気軽に毎日使える、冬だけでなく梅雨や夏の時期にも利用可能な布団乾燥機だと思います。

ダニ対策や布団掃除にはこちらの掃除機もおすすめです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次